A-SKが綴る国境を超えたSTORY

UXエンジニアが綴るWEB秘伝書 - 開発手法・使い方あれこれ

【Note】一瞬でアイテムを現金化「CASH」、これからを予測する

f:id:eisukenakanishi:20170629110321j:plain

はじめに

今回様々なメディアで盛り上がり、叩かれているアプリ「CASH」ですが、僕が思うところがいろいろとあったので、備忘録として、そしてこれからの活用方法について考えたいと思います。
ジャストアイディアな部分が多々あるので、あくまで個人的見解と受け取っていただければと思います。

もし気になる点があるようでしたら、メール等でお問い合わせいただけると嬉しいです。
そして、これからの活用方法に関して、僕なりに考えていることであったり、それに付随するコンテンツのアイディアなどあるのでそちらも併せて興味がある方はお問い合わせいただけると嬉しいです。

しかし、皆さん叩くね〜というところから始めたいと思います。

CASHとは?


目の前のアイテムが 一瞬でキャッシュに変わるアプリ 「 CASH ( キャッシュ )」

株式会社バンクが28日、スマートフォンでアイテムを撮影し一瞬でキャッシュに変えることができるアプリ「CASH」を公開しました。
アプリはSMS認証を行うだけで利用することが可能です。
非常に始めるのが楽で、高リターンが期待できるように感じられます。

「CASH」は手元にあるアイテムを撮影し、アプリから送ると査定額が表示され「キャッシュにする」というボタンをタップすれば、アプリ内に記録され、銀行やコンビニ(ローソンのみ)で現金として出金することができるというものです。

ユーザーはキャッシュを2ヵ月以内に返金(手数料15%が必要)するか、返金せずにアイテムをCASHに送付する必要があります。
CASHへの送付はアプリから集荷依頼を行え、配送料も不要。まるで「質屋」のようなサービスですが、ネット上では様々な意見や指摘が多く展開されております。

査定の基準

よくわからない基準と言うことはネットで展開されています。
しかし、好都合な場合それは利用するに限るのではないでしょうか?という意見もチラホラと見られます。

よく情弱者が使うアプリであります等の意見も出ていたりしますが、その活用方法について何かひらめきが代わりにあるのでしょうか?
そういう別の視点からの意見が出てこない以上この「CASH」の登場は、イノベーションであると捉えております。

CASHの何がいけないのか?

僕が思うに、査定基準がカテゴリやブランド名に紐付いているのか、それとも画像解析で紐付いているのか、という点が不明なところが問題と考えられます。
Twitter上で食べ終えた牛丼の皿が2万円(カテゴリはiPhoneで設定)などのような、全くもって何のロジックを持って実装されているのかがわからないもの、というのは困ったものです。

そして、困ったものという事に関して具体的に説明するとすると、ネクストアクションが読めない、という点です。
例えば、画像解析で行っているのであれば、その精度を上げましょう、などのサジェストができますが、現状それすら難しい状況です。

カテゴリやブランド名で判別しているのであれば、それに相当するカメラ精度は必要ですよね、という話になります。
何がいけないのか?それは何でもかんでも訳のわからない価格が付くから+それに対する説明がない、という点だと考えています。

僕なりに考えるネクストアクション

まずは今回の件を「失敗」と捉えることです。
しかし、僕的にこの解決方法、手段はとてつもなく画期的で、法律を改定してでも実装して運用してほしいと考えています。
また、この「CASH」のリリースにより、こういう可能性があるんだということや、これは便利だ!と最初は思った人がたくさんいると思います。

そこに果敢に挑戦した開発者の意思は尊重するべきところだと思います。

失敗と捉えた上で、何が失敗なのかを検討した上で、次バージョンの「CASH」を待っているのが本当のところです。
「CASH」は気づきを世間に与えました。だからこそ、ビジネス視点でサービスが停止しても注目を浴びているのです。

これを終わりと捉えずに、ネクストアクションにつなげることをすでに考えていると僕は思っていますし、信じてもいます。
これだけの反響があること、そしてカメラの画像解析精度から見ても、これは予想できます。

空のどんぶりの写真で2万円という精度を試していないわけがありません。

僕なりに考えるこれからのFinTech

お金というものを軸に様々なFinTechがリリースされてきましたが、今回「CASH」はユーザーの持ち物をお金に換金するという新たな形式をとっていました。
もちろんメルカリであったり、フリルもそのような形式をとっているのですが、時間の問題や手間の事考えると非常にロスが多いです。

そこにこの革新的な「CASH」が現れたことはFinTechという言葉に限らず影響は大きいと思います。
こちらの記事からも見てわかるとおり、これだけのユーザー数が集まったのは事実です。
実験的なのか、あるいはただの偶然だったのか・・・。

しかし、メルカリの1日の出品数が1万点を超えたと公表されたのが開始から約5カ月後のことであることを考えると相当激しいロンチであったことが伺えます。
16時間という短時間で7万点を超えるアイテムがキャッシュ化された事実は事実です。

つまり需要はあるということです。そして、メルカリで売るより・・・と考える人も多いと言うことです。
大抵の人はものを売る際、現金がほしいorそのもの自体がいらない、処分したいという心理から売りに出すことが多いかと思われます。

つまり、そのニーズをタイムラグなく解決してくれる「CASH」はすごいものだと取れます。

これからの「CASH」を想像してみる

これから精度と法的にガッチリと固めたアプリが出てくると考えています。
それを「CASH」の後継機として出してくるのか、それとも別のものとして出してくるのかはわかりませんが、非常に率としては高いと思います。

また、今回このアプリの連鎖反応で社名のブランド名も爆上がりしました。これをポジティブな爆上がりと捉えるか、ネガティブな爆上がりと捉えるかは人それぞれだと思いますが、社名が売れると言うことは今後に良い影響を与えるのは事実だと思います。
これから「CASH」は人々の購買のフローや個人間でのやりとりという点においての負やあわよくばBOOKOFFなどの大型買い取り店を潰しに来るかもしれません。

僕は実際の店舗で査定時間30分と待たせられるより、「CASH」で査定して、30分宅配便に届けに行く時間の方が有効的だと考えられます。帰り道に、という流れができるので、待つという無駄な時間が削減されるからです。

これからの「CASH」はこれからの買取フローを画期的な方向に持って行く1つのきっかけであった、と考えるのが妥当かと思われます。

さいごに

様々なサービスが出てきていて、その1つ1つが画期的、斬新すぎるものもあります。
しかし、大事なことはまず受け止めることだと思います。なぜこれを開発したのか、なぜこれが出てきたのかの意図を自分なりに考え分析することが大事だと思います。
周りに同調して「これはゴミだ!」というのは簡単だし、安全です。その意見も大切にする必要はありますが、鵜呑みにしてはいけません。

これからもこのようなWEBの知識であったり扱い方あれこれを更新していきます。

余談

A-SKのVALUが発行されました。
これから、どんどんWEBに関する知識、秘伝書を伝達していきたいと思いますので、興味のある方は是非1VALUからでいいので、購入していただけると嬉しいと同時に、さらに更新頻度が上がります。

是非どうぞよろしくお願いいたします。

【Note】朝と夜の生産性の違いと朝を推奨する理由

f:id:eisukenakanishi:20170628150431j:plain

はじめに

生産性の話はよく聞きます。そして、最近では生産性を軸に物事を考える傾向が非常に高いと感じています。
そのような中時間帯の話も同時に出てくることが多いです。朝の方が良いのか?夜の方が良いのか?のような話たくさん聞いてきたと思われます。
しかし、どちらかというと朝の方がいいという記事であったり、書籍が多いと思います。

では、なぜそのような記事が多いのかを今回は分析していきたいと思います。

朝はつらい、だからこそ捗る

朝はつらいという方多いと思います。
あなたはつらい状況下にずっと身を置きたいですか?

僕は思うのです。

つらい状況だからこそ楽しい状況下に身を置きたい

というね。
朝がつらいのであればさっさと起きて、作業とか好きなこと始めた方が絶対い良い。
さらに言うと、朝の起きてから4時間はゴールデンタイムといわれる時間らしく(ソース:

脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術

脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術

)
この時間帯非常に生産性が高まるそうです。また、朝のシャワーなども良いそうです。

つらいからこそ楽しいこと、面白いことを朝にやってみましょうよ。
そして、寝る前はそのことを妄想しながら寝てみましょう。

夜の生産性は高い、しかし・・・

夜の生産性は高い!という人いらっしゃります。僕もそう思います、思っていました。
なぜなら、夜は集中力が高まります、と思うのですが実際眠気が来ます。
太陽光もないし、あるのは電光のみ。そんな中作業していると効率は良いようで、終わった後の倦怠感が非常に高いのです。
また、その後眠って翌日予定がなければいいけど・・・なんて思いますけど、打ち合わせは昼間にしかないし。
毎日が夜なら毎日が朝でもいいじゃないのかな?と思うのです。

毎日朝に起きて生きるのも悪くないなと思うようになりました。
また、そのおかげで肌のコンディションも良くなりました。男だけど大事。

朝仕事すれば、後が楽

楽しみは後に置いておくタイプですか?今すぐ消化してしまうタイプですか?
それによっても変わってくると思いますが、好きなおかずは後回し派、有給は後からまとめて使う派なのであれば、必然的に朝型にした方がいいと思います。

なぜなら、朝早く起きれば帰ってきてから寝るだけであったり、遊べる!夜に持ち越さなくていいのです。
残業なんてそんな悲惨なことしなくて済むのです。せっかくなら遊びたいじゃないですか。

散々言ったけど、問題は起き上がれるかの問題

こちらも様々な意見をいただきます。
低血圧で起きられない!ボーッとする!起き上がれない!など様々。
まずは2日に1回でもいいいから起き上がってみる!もしくはそれによってのペナルティーを科すのもいいかと思います。

僕はいつも水を枕元にタンブラーに入れて置いておき、朝起きたらまずはそれを飲み干す。
そして、布団の上で1分だけボーッとします。そしたら、目が覚めてきます。

あと雨戸があるので、それを開ける作業だけ必ずしています。

結局のところ、気合いなんかじゃない

習慣です。起きる習慣をつけたら、意外と楽にできるようになってきます。
毎日心がけることが難しければ、前述したとおり2日に1回やってみるとか試してみることをおすすめします。

僕はそれで生活がいい方向に変わっていきました。
朝にテレビを見ることも脳内が荒れるのでやめることをおすすめします。
そもそもテレビは受動態なので目的もなく見たり、毎日見てると脳内が荒れます。

おすすめしません。テレビ自体を。

まとめ

生産性を上げたいなら、朝です。問答無用で朝です。
また、理由としては前述したとおり、生活の軸が朝にあるからその方が日々、ロングスパンで見るといいということです。

朝活とかも流行っていますが、流行に惑わされず一度やってみてください。

この本はおすすめです。

脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術

脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術

【Note】寄稿しました!Ambieについて書いてみた!

f:id:eisukenakanishi:20170628143754p:plain

はじめに

今回元々音楽をやっていた関係もあり、イヤホンのレビューを書く機会をいただきました。
普段ではなかなか触れることのないジャンルであったりメーカーのイヤホンを手にすることができて嬉しかったし楽しかったです。

早速ですが、何についてレビューしたかを共有したいと思います。

Ambieというイヤホン

Ambieというイヤホンのレビューを今回いたしました。
究極なことを言うと、耳に差し込まずに音楽を楽しめるという一言で言うと何を言っているのかわからないというものです。

実際に寄稿した記事はこちらです。
初期段階から携わらさせていただけることがとても貴重で、素敵な体験でした。

Ambieというイヤホンは記事内にも書いてありますが、耳を塞ぐことなく、耳たぶに装着して、音楽を楽しむものなので従来の蒸れるという不快感などを一切感じないと同時に、疲労感が全く違います。
長時間使用する方、音楽を聴かれながら作業される方にとってこれ以上のイヤホンはないのでしょうか?

難点ももちろんある

記事を書いた時点で使って1週間ぐらいでしたが、今も使い続けて気づいた点は逆に耳たぶが痛いという点です。
挟むように装着する点と、挟む力が強いので耳たぶが厚い人は正直僕が連続してつけていた時間より短い時間で限界が来るかもしれません。

けれども、耳が疲れないということは視覚も使って作業されるようなお仕事をされている方にとっては頭痛の発症の低減化などが見込まれると思います。
Ambieを装着していると、頭痛はほぼ全く起こりませんが、耳を完全に塞ぐShureなどを装着すると、頭痛の発症確率は非常に上がります。

是非ご一読を!

是非こちらから専門家としての知見をご覧になっていただけると嬉しいです。

最近レビューの依頼や、記事の(自分の守備範囲内での)代行執筆などの依頼をいただくことが多く、非常に嬉しいです。
これからも引き続き行っていこうと思うので、ライターをお探しの方などいらっしゃいましたら、是非メールをいただけると嬉しいです。

Ambieはつけてわかる快適なイヤホンです。

【Note】ブログの方向性絞っていきます!

f:id:eisukenakanishi:20170609141907j:plain

はじめに

今回ブログの方向性を絞っていこうと考えています。
今まであれもこれもやっていましたが・・・。

エンジニアリングのブログは世の中に溢れているし、僕のアイデンティティってなんだろう?と考えたときに、クリエイターだな、と勝手に定義しました。

クリエイターになるためにはどうすればいいんだろうという質問を最近やたらと受けるので、その方向性で行こうと決意いたしました。

お金になるならないではなくて、エンジニアになりたい・・・よりも幅を広げたいと考え”クリエイター”と定義しました。

内容的には?

クリエイターになるために必要なスキルであったり、考え方、ツールなどを紹介したりしようと考えています。
今までの記事もすべてアーカイブしておきますので、ご覧になってください。

クリエイターになるための巻物、というディスクリプションで進めていきます。
あ、こういうふうになりたいときってどうすればいいんだっけ??

という疑問にもお答えするので、気軽に質問、コメント、メール、メッセージ受け付けております。

さいごに

これからもどうぞよろしくです。

最近の状況などもアップしていきますね。

【レビュー】EaseUS Data Recovery Wizard for Macを試してみた!

f:id:eisukenakanishi:20170609005713p:plain

はじめに

データというものは管理が楽であり、部屋の場所も取らず、SSDやらHDDの中に保管しておけばいいという優れものです。
写真というデータであったり、映像というデータであったり種類は様々だが、欠点は1つです。

一度消してしまうと修復がほぼ不可能という欠点であり難点です。

「間違えて消しちゃった!」という言葉を今まで何度と言い、何度と聞いてきたことでしょう。
両親が旅行で撮ってきた写真「あ、消しちゃった」の一言で家の中の雰囲気がガラッと変わってしまったことや、彼女とのやり取りでスマホのデータを移行したら「あ、アプリの中身消えちゃった」等々シチュエーションも様々です。

しかし、どれを取っても願いは1つ。復活させたい、もう一度見たい。という願いは誰しも同じでしょう。
そんなあなた、(自分も含め)待望のソフトウェアが登場しました。

一般的に復元ソフトなどはこの世にたくさん溢れているものの、どれを使えばいいのかわからない、セキュリティ面ではどうなのでしょう?使い勝手はどうなのでしょう?
と幾度となく聞かれました。

今回ご紹介するEaseUS Data Recovery Wizard for Macは、今後僕が一言で説明し回答できる名詞になりました。
EaseUS Data Recovery Wizard for Macと言えば、大抵の復旧ソフトを求めている人のニーズやプロブレムは解消できると確信いたしました。

早速レビューしていきます。

まずは、公式サイトにいきます

何をするにしてもダウンロードやインストールが必要なのがソフトウェアの鬼門。
容量の問題であったり、本当にこれ使う?問題があります。今回はそんなこと気にせずに(気にする心配一切なし)ダウンロードしましょう。
こちらのページに行っていただき、無料体験版をまずはダウンロードしましょう。

迷うことなく製品版を買いたいのでしたら、止めません。どうぞ購入してください。
ただ、全員が全員なんの問題もなく使えるかは疑問なので、不安な方はまず無償版から使うことを推奨いたします。

ピンク色になっている部分をクリックするとダウンロードが始まります。16MB程度の容量のものになっております。
ネット環境にもよりますが、そんなにかからないでしょう。

ダウンロードが終わったらインストール

インストールを始めましょう。

インストール自体はドラッグアンドドロップで完了いたします。

そうしたら、早速起動しましょう。

起動してから復元するまで

まず、明確にどのようなファイルの種類を復元したいかを選択できます。

f:id:eisukenakanishi:20170609005639p:plain

よくあるのが、まず何をすればいいのかがわからないアプリケーションが多いですが、このアプリケーションに関してはそこのUXが非常にスムーズでした。

選択したら(僕の場合はすべてにチェックを入れました念のため)、左上のNextを押します
そうしましたら、次にするべきアクションはどの媒体から復元しますか?という画面です。

f:id:eisukenakanishi:20170609005813p:plain


かなり大量にあるので、よくやるのはSDカードなどを接続して、検出され次第その媒体(SD)を選択して、次へ進みます。
基本的にMac本体のファイルで復元したい、と言うのは相当なことがない限り最近ではないので、このように外部媒体、映像データの入ったHDDやSDカードなどが対象になることが多くなりそうです。

選択がすべて終わったら・・・

Scanボタンを押して、待つのみです。
容量であったり、対象の媒体のそもそもの保存容量などにもよりますが、だいたい5分以内には終わりました。今回は大体500GBほどの媒体をスキャンしました。

スキャンが終わると、復元できるファイルが有るとリストアップされます。
今回は復元対象のものがなかったので、0件です・・・。

しかし、SDカードで行うとリストアップされます。

f:id:eisukenakanishi:20170609005848p:plain

リストアップされた、階層から対象のフォルダを選択して、上部にあるRecoverボタンを押しましょう。

f:id:eisukenakanishi:20170609005905p:plain


そうすると、リカバーされます。

面白いことに、過去にバックアップしたiPhoneのデータの復元でも出来るので非常に興味深いです。

これならどんな事故が起きても、多少のことでは動じないブレイブマンになれますね!

使ってみての感想

シンプルで、何をすればいいのかが明確にわかるので、使っていて違和感不快感ありませんでした。
ただ、いきなりどこであなたはファイルを間違えて消してしまいました?という文言とともに、ズラッとHDD/SSDのリストが出ると戸惑う方もいらっしゃると思いますが、不安であれば、すべてを1つずつスキャンしていけば問題ないかと思います。

大体どこかは見当がつく仕様になっているので、こちら問題ないかと思います。

改善点というよりは希望

価格が少し高いのと、トライアルで試せる部分が非常に少ないので、そこを緩和していただけるとより一層魅力が伝わると感じました。

今後の対応に期待です。しかし、これらのようなソフトウェアたくさん世間に溢れているので、どれを使えばいいかわからないということあると思います。
ですが、1つずつ自分で試してみて、自分にあうのを探すのを見つけるのが最適ですが、なかなかそうもいかないので、ぜひ復元ファイル悩んでおりましたら、こちらを利用してみてはいかがでしょうか?

まとめ

様々なアプリケーションを試してはいるものの、まだなかなかこれだ!というアプリケーションにカテゴリーはどこであれ出会えておりません。
しかし、今回このようなアプリケーションを紹介する機会を与えていただき、使ってみたところ新たな発見であったり、仕事になることになりまんべんなく弄ることにより、見えてくるソフトウェアの本質を知ることが出来ました。

具体的に言うと、メーカーであったり開発者が「ここはこういう意図で作ったのかな?」という試行錯誤が垣間見えたりすると、非常に興味深いです。
ただ、試行錯誤が通用しないor見つからない場合もあるので、そこは非常にグレーなゾーンであり、どれだけ工夫してカスタマーに発見してもらい、使ってもらえるかがキーだと感じました。

まだまだ、このEaseUS Data Recovery Wizard for Macも使いこなせていない部分であったり、違う使い方があるかもしれませんが、徐々に使い倒してみたいです。

そうだ、この前間違えて消してしまったデートの写真を復元してみるか!

追記

クーポンを頂いたので、掲載いたします。

SYB-81K-FYX

また、日本語対応もしておりますので、ぜひ英語に苦手意識をお持ちでもご利用してみてください。