A-SKが綴る国境を超えたSTORY

HXエンジニアA-SKが綴るWEB秘伝書 - 開発手法・使い方あれこれ

【Note】英語を学ぶなら、英語圏の文化を体験しないと意味がないというお話

f:id:eisukenakanishi:20170820210013j:plain

はじめに

巷で英語を習得するにはどうすればいいの?という質問をよく耳にしたり実際僕も友人・知人から「英語はどうやれば習得できる?」という話を聞かれます。
共通して答えるのが、現地の文化をまず知らないと意味がないということです。しかし、実際にこの話をしてもピンとこないのが現状です。
では、なぜ英語を覚えるだけ、暗記して使うだけではだめなのでしょうか?というのが今回のお話です。

英語を使っている人には英語を使うなりのマナーがある

日本語にも敬語、というものがあるように敬語を使うことにより、礼節を表現するという部分もあると思います。
しかし、日本人のほとんどは英語に敬語なんてないから・・・という考えでいます。

そこが非常に盲点であるということに気付くべきだと僕は常々強く思います。
どういう意味かと言いますと、敬語というものは英語圏だとボディーランゲージなのです

日本人は顔の表情も変えずに、体も使わずに英語を淡々と話すイメージが強いと思っています。
英語は良くも悪くもひょうきんな人間になる必要があるのです。

つまり、目上の人にはこういう態度で接する必要がある、というのがあるのです。しかし、それが出来ていない日本人が多すぎるのです。
いわゆる恥ずかしがる、というのも英語圏の文化からすると失礼極まりない行動なのです。

英語を使いたいなら、羞恥心を捨てるところから始めよう

恥ずかしい、照れる、というのは日本人のかわいらしいところでもありますが、英語圏では無礼に当たります。
実際無礼と感じる人は少ないかもしれませんが、ここではあえてそのように表現させていただきます。

相手の目を見て話すのも「今は私はあなたと話しています」の意思表示であることも忘れないでください。
それを目を見て話すのが恥ずかしいから・・・という理由だけで目をそらすのは失礼です。

まずは英語なんてどうでもいいので、堂々と相手の目を見て話す練習を出来ない人はしてみるといいのではないでしょうか?
次のフェーズにいくのは恥ずかしいという言葉が頭から、そして行動から消えてからでいいのです。

恥ずかしい?はい?なんですかそれ?になったらすること

次のフェーズに行く準備は出来ましたか?恥ずかしいという意味がわからなくなったら、次に行きましょう。
次にすることは、英語を聞くことです。英語なんて喋らなくていいのです。聞くのです。いえ、聴くのです。

そうすると、このような人が現れます。

「聴いてどうするんですか?」そう言っているあなたはまだまだですね。
聴きながら、相づちを打つ練習をします。相手の目を見ながら、相づちを打つのです。

このとき忘れてはいけないのが、「ええ、ふむふむ」とかではなく、アメリカ人ならアメリカ人になりきるのです。
「ハハン、あいしー」とかでもいいと思います。ただ、気をつけてください。絶対「YES」と言ってはいけません。

それと同時に、その意味がわからないときは、素直にジャスティンビーバーになるのです。「What do you mean?」ってね。
そうすると、相手は教えてくれます。もちろんその時は日本人特有の空気を読みながら、聴くタイミングは考えればいいと思います。

相づち打ちながら、ジャスティンビーバーになれましたか?次へ行きましょう。

ははん!I think so too!とかいっちょ前に口をついて出てきたら

次に話してみましょう。話しかけるのです。その時に必ず口角を上げて!とかよく言われますが、それよりも顔がぐちゃぐちゃになるぐらい笑いながら「Heeeeey!」みたいな感じで行けばいいと思います。
口角を上げるとか言われても日本人わからないので。顔をぐちゃぐちゃにするのです。目が細い?そんなこと気にしなくていいです。僕は口さえ笑顔だったら目なんてどうでもいいと思っていますので。

話しかけやすいスポットは横須賀の飲み屋さんとかが、おすすめです。しかし、ハードルが高かったら横浜駅の喫煙所付近とか穴場です。おすすめです。

そこでひたすら英語圏の文化に体を馴染ませるのです。決して染まったり、かぶれる必要はありません。
しかし、成りきるというのは大事ですし、必要です。成りきりましょう。

どうですか?笑顔になってきたんじゃね?私!となったら

無敵です。英語の勉強はその後にしましょう。細かい文法であったり、ビジネス英語とかはこの後でいいのです。
まずは文化を知る、文化に(軽く)染まる、そしてなによりも成りきるということを学びましょう。

そうすれば自ずと態度が(日本人的に言うと)でかくなります。笑

それこそが海外で生きていくために必要なことなのです。
決して臆したり、目を背けてはだめです。その時点であなたは下に見られます。

悔しくないですか??下に見られたりして。態度はでかくして、堂々とする、と言葉で表現することは簡単ですが、実際は大変です。
文化を知れば自ずと自然に出来るようになります。

さいごに

僕は海外で苦労なんてしていません。楽しくその現地などの空気になじめました。
何がそう作用したのか考えてみると、受け入れることが出来たからだと思います。

まずは受け入れることが文化を知る上で必要になってきます。一度純粋な気持ちになって、疑う気持ちを、フィルターを外しましょう。

あなたの成長にはその余計なフィルターを外す必要が大いにあるのです。

英語を学びたいという人がいたら、是非おすすめしてみてください。
また、個人的にコンサルティングしてほしい方いらっしゃいましたら、僕のTwitterなり、メールアドレスに相談メッセージを送ってください。

素敵な海外エセライフを楽しみましょう。