A-SKが綴る国境を超えたSTORY

UXエンジニアが綴るWEB秘伝書 - 開発手法・使い方あれこれ

【Note】環境を変えての、ストレス解消を推進します

f:id:eisukenakanishi:20170812182742j:plain

はじめに

今回2泊3日で青森に観光という形で来ました。
元々国内はそんなに旅行することもなく、いつも近場の静岡県などで療養していたのですが、今回初めて青森という都内からは離れた場所へ来ました。
そこで感じた精神衛生の安定さや空気のうまさ、飯のうまさを感じる中で、同時に感じたカントリーサイドならではの不便さや不自由さ、そして可能性を記事にしたいと思います。

精神衛生が良ければ何でも出来ます

精神衛生が良いと、モチベーションという当てにならないと普段は感じているモノをひしひしと実は非常に大事なのだなと感じます。
というのも、精神衛生の状態が良いと体の奥からみなぎってくるというのを体感できます。

これが健康的、とでもいう言葉で表せるものなのでしょうか??
しかし、何でも出来る=何も出来ないと言う言われるのも同時に感じることが出来ます。
期限があるから、制限があるから出来ることもありますし、したいことも増えたりします。

今回は観光という形で来たので、短期間での滞在でしたが、たまにこのように活動の拠点を変えるのは非常に良いなと感じました。
田舎という言葉を聞くと、一瞬「えっ?何もなくない?」という印象を受けますし実際僕も受けました。

しかし、何もないなりに出来ることを見いだすのもたまには大事だなと感じました。
何もないからこれしか出来ないから、これをしようというのも1つの手段ですし、それに集中して取り組めるというのも1つメリットですよね。

精神状態が良いと、朝の目覚めが良くて、1日が非常にわくわくした状態でスタートします。
精神衛生がよろしくない・・・もしくは1日1日が辛いと感じられる方は、一度都心を離れるだけでなく、場所を変えてみるというのもおすすめします。

カントリーサイドに見られるメリット

カントリーサイドでは車の運転が非常に楽しいです。車の台数も少ないので、走りやすいですし信号も少なくストレスフリーです。
また、渋滞にほぼ合わずイライラするということもありませんでした。しかし、それが故に道を譲っても、お礼があまりないな、という印象です。

どちらが良いか?と聞かれたら、どちらも良いのですが、どちらもそろった環境はなかなかないものだと改めて痛感しました。
どちらかが自分に合っているなら、その合った方を自分で選べばいいです。しかし、一長一短というのはよくあることです。

車はあくまでも1つの例えですが、他にも面白い発見がありました。
街中の駐車場は(いわゆるコインパーキング)夜間の方が料金が高かったです。

昼間は500円で12時間止められるのに、夜間は1時間200円という謎のシステムでした。つまりそれだけ夜間の方が儲かるのだなという事実があるからこそそうなっているのだろうなーと感じました。
また、車が非常に汚れます。道が舗装されていないとかではなく、山道が多かったりするからなのだろう、という印象と実際にレンタカーをして走るとあっというまに汚れました。泥まみれです。

白い車が少ないのもそういう理由からなのかな?とか、考えたりしました。

カントリーサイドで見られるデメリット

よそ者(と言う言葉が適切かはさておき)に対してあまり寛大的ではないイメージです。横浜から来たというと態度がネガティブな方向に変わることが確率的には多かったです。
あまり関わりのない人種?に出会うと、興味より恐怖が先に出てくるのかな、という人間そのものの習性というモノを体感したりしました。

もちろん全員が全員そうというわけではありませんが、そういった傾向が見られました。
と同時にアクセントが違うと、意思疎通が難しかったりする場合も多く、それが地元の人にとっては少なからずもストレスになっていたりするのかなと感じたりしました。

仕事をするには最適なのではないでしょうか?

IT系の仕事をしているのであれば出張、リモート、個人人業主で働くための場所としては非常に良い印象を受けました。
ネットの速度などは計測していませんが、今のご時世そこまで変わらないかなと思いますし、それよりもおいしい空気を吸いながら、仕事が出来るというのは非常に快適です。

僕もいつかは青森でも仕事を持ちたいなと感じました。
ネットで話題になっているイケハヤさんなどは、高知県でITを駆使して稼いでいますが、その気持ちを体験できたことは1つ大きなメリットでもありました。
お店自体カフェも少ないし、お店も早く閉まるし、不便だらけ!と到着当日は思っていましたが、空気や精神衛生を考えると、非常に良いな、と思ってしまったりした自分がいました。

(IT系に限りませんが)IT系はストレスが多く、ストレスフリーになる機会がなかなか作りづらいので、環境をガラッと変えてしまうのは1つ手段としてすごくいいなと、身をもって感じました。

さいごに

今回エスコートしてくれた彼女には感謝すると同時に、この場で出会ってくれた方々にも感謝しています。
興味を持ってくれて、話しかけてくれて、FBで友達になってくれた方もいましたので、こういったつながりは大事にしたいですね。

次回来るときは、仕事プライベート問わず、もっと長期間で楽しみたいモノです。
是非皆さんも病んでいたり、疲れを感じている方はカントリーサイドに限らず、旅行、場所を変えると言うことをしてみることをおすすめします。