A-SKが綴る国境を超えたSTORY

UXエンジニアが綴るWEB秘伝書 - 開発手法・使い方あれこれ

【レビュー】EaseUS Data Recovery Wizard for Macを試してみた!

f:id:eisukenakanishi:20170609005713p:plain

はじめに

データというものは管理が楽であり、部屋の場所も取らず、SSDやらHDDの中に保管しておけばいいという優れものです。
写真というデータであったり、映像というデータであったり種類は様々だが、欠点は1つです。

一度消してしまうと修復がほぼ不可能という欠点であり難点です。

「間違えて消しちゃった!」という言葉を今まで何度と言い、何度と聞いてきたことでしょう。
両親が旅行で撮ってきた写真「あ、消しちゃった」の一言で家の中の雰囲気がガラッと変わってしまったことや、彼女とのやり取りでスマホのデータを移行したら「あ、アプリの中身消えちゃった」等々シチュエーションも様々です。

しかし、どれを取っても願いは1つ。復活させたい、もう一度見たい。という願いは誰しも同じでしょう。
そんなあなた、(自分も含め)待望のソフトウェアが登場しました。

一般的に復元ソフトなどはこの世にたくさん溢れているものの、どれを使えばいいのかわからない、セキュリティ面ではどうなのでしょう?使い勝手はどうなのでしょう?
と幾度となく聞かれました。

今回ご紹介するEaseUS Data Recovery Wizard for Macは、今後僕が一言で説明し回答できる名詞になりました。
EaseUS Data Recovery Wizard for Macと言えば、大抵の復旧ソフトを求めている人のニーズやプロブレムは解消できると確信いたしました。

早速レビューしていきます。

まずは、公式サイトにいきます

何をするにしてもダウンロードやインストールが必要なのがソフトウェアの鬼門。
容量の問題であったり、本当にこれ使う?問題があります。今回はそんなこと気にせずに(気にする心配一切なし)ダウンロードしましょう。
こちらのページに行っていただき、無料体験版をまずはダウンロードしましょう。

迷うことなく製品版を買いたいのでしたら、止めません。どうぞ購入してください。
ただ、全員が全員なんの問題もなく使えるかは疑問なので、不安な方はまず無償版から使うことを推奨いたします。

ピンク色になっている部分をクリックするとダウンロードが始まります。16MB程度の容量のものになっております。
ネット環境にもよりますが、そんなにかからないでしょう。

ダウンロードが終わったらインストール

インストールを始めましょう。

インストール自体はドラッグアンドドロップで完了いたします。

そうしたら、早速起動しましょう。

起動してから復元するまで

まず、明確にどのようなファイルの種類を復元したいかを選択できます。

f:id:eisukenakanishi:20170609005639p:plain

よくあるのが、まず何をすればいいのかがわからないアプリケーションが多いですが、このアプリケーションに関してはそこのUXが非常にスムーズでした。

選択したら(僕の場合はすべてにチェックを入れました念のため)、左上のNextを押します
そうしましたら、次にするべきアクションはどの媒体から復元しますか?という画面です。

f:id:eisukenakanishi:20170609005813p:plain


かなり大量にあるので、よくやるのはSDカードなどを接続して、検出され次第その媒体(SD)を選択して、次へ進みます。
基本的にMac本体のファイルで復元したい、と言うのは相当なことがない限り最近ではないので、このように外部媒体、映像データの入ったHDDやSDカードなどが対象になることが多くなりそうです。

選択がすべて終わったら・・・

Scanボタンを押して、待つのみです。
容量であったり、対象の媒体のそもそもの保存容量などにもよりますが、だいたい5分以内には終わりました。今回は大体500GBほどの媒体をスキャンしました。

スキャンが終わると、復元できるファイルが有るとリストアップされます。
今回は復元対象のものがなかったので、0件です・・・。

しかし、SDカードで行うとリストアップされます。

f:id:eisukenakanishi:20170609005848p:plain

リストアップされた、階層から対象のフォルダを選択して、上部にあるRecoverボタンを押しましょう。

f:id:eisukenakanishi:20170609005905p:plain


そうすると、リカバーされます。

面白いことに、過去にバックアップしたiPhoneのデータの復元でも出来るので非常に興味深いです。

これならどんな事故が起きても、多少のことでは動じないブレイブマンになれますね!

使ってみての感想

シンプルで、何をすればいいのかが明確にわかるので、使っていて違和感不快感ありませんでした。
ただ、いきなりどこであなたはファイルを間違えて消してしまいました?という文言とともに、ズラッとHDD/SSDのリストが出ると戸惑う方もいらっしゃると思いますが、不安であれば、すべてを1つずつスキャンしていけば問題ないかと思います。

大体どこかは見当がつく仕様になっているので、こちら問題ないかと思います。

改善点というよりは希望

価格が少し高いのと、トライアルで試せる部分が非常に少ないので、そこを緩和していただけるとより一層魅力が伝わると感じました。

今後の対応に期待です。しかし、これらのようなソフトウェアたくさん世間に溢れているので、どれを使えばいいかわからないということあると思います。
ですが、1つずつ自分で試してみて、自分にあうのを探すのを見つけるのが最適ですが、なかなかそうもいかないので、ぜひ復元ファイル悩んでおりましたら、こちらを利用してみてはいかがでしょうか?

まとめ

様々なアプリケーションを試してはいるものの、まだなかなかこれだ!というアプリケーションにカテゴリーはどこであれ出会えておりません。
しかし、今回このようなアプリケーションを紹介する機会を与えていただき、使ってみたところ新たな発見であったり、仕事になることになりまんべんなく弄ることにより、見えてくるソフトウェアの本質を知ることが出来ました。

具体的に言うと、メーカーであったり開発者が「ここはこういう意図で作ったのかな?」という試行錯誤が垣間見えたりすると、非常に興味深いです。
ただ、試行錯誤が通用しないor見つからない場合もあるので、そこは非常にグレーなゾーンであり、どれだけ工夫してカスタマーに発見してもらい、使ってもらえるかがキーだと感じました。

まだまだ、このEaseUS Data Recovery Wizard for Macも使いこなせていない部分であったり、違う使い方があるかもしれませんが、徐々に使い倒してみたいです。

そうだ、この前間違えて消してしまったデートの写真を復元してみるか!

追記

クーポンを頂いたので、掲載いたします。

SYB-81K-FYX

また、日本語対応もしておりますので、ぜひ英語に苦手意識をお持ちでもご利用してみてください。