A-SKが綴る国境を超えたSTORY

UXエンジニアが綴るWEB秘伝書 - 開発手法・使い方あれこれ

【Note】休日のために働く!それのどこが悪い!

f:id:eisukenakanishi:20170509211831j:plain

はじめに

働くことは良いこと。休むことは悪いこと。
そんなイメージを僕は日本に帰国してから強く感じています。
もちろん約束があるのに、それをすっぽかして休む・・・というのは良くないです。

ただ、休むために働く!いや、バケーションを楽しむために働く!という考えのどこが悪いのでしょうか??
今回は休むために働こうという意識を持つことによって、どれだけ日々の生産性・創造性が上がるかを書き連ねたいと思います。

僕は休日を楽しむために働いていますよ、もちろん。

仕事は遊びの中から生まれる

よく仕事仕事仕事という仕事の文字しかない人がいますが、僕にはそれがよく理解できません。
遊ぶことによって、生まれるアイディアだったり、モチベーションだったり様々なメリットが遊びの中にはあると思います。
子供の頃に「遊ぶことが子供の仕事だ」と言われた方いらっしゃると思いますが、僕にはその意味が仕事をするようになってから、「違和感があるな」と感じるようになりました。

遊ぶことが仕事??いえいえ、遊ぶことは仕事の一部であり、仕事は遊びの一部であるという認識のほうが正しいのではないでしょうか。
遊ぶことにより、相手と親交を深め、お互いを知り日々の悩みを話せたり、太陽の下で同じ時間空間を共有することにより、仕事へ繋がることもあれば、仕事絡みで趣味が一致していて、「次の週末遊びに行こう!」などとなることも多々あると思います。

もちろんこれは入りであり、根本的な話ではないのですが、そのような体験されたことないでしょうか??

仕事は遊びの中から生まれます。お互い気を許せるからこそ一緒に働いて世界を良くしたい!と思うのだと思います。
逆に、遊びたくないと思う人は一緒に仕事もしたくない人です。「仕事は仕事だから・・・」という言葉もよく聞きますが、そのような意識では仕事もうまくいきませんよ。遊んで腹の底から笑える相手こそが最高のビジネスパートナーだったり、逆にいないのであればあなたこそが社長であり、リーダーになるべきなのではないでしょうか??

遊びで怠けるやつは絶対に信用しない

遊びに遅刻する人、遊びで怠ける人、遊びで愚痴を言う人は僕は信用していません。
もちろん、楽しくないのであれば正当ですが、自分から企画して、自分から行く!と言っておきながら、「何だその無様な姿は!」と思ってしまうと同時に、遊びの時点で本気になれない人は、仕事なんかサラサラ信用できません。

逆にあなたが遊んでいて楽しくないと感じるor感じ始めたタイミングも重要なのです。一緒にいる仲間が悪いのか、企画が悪かったのか・・・様々な理由は考えられますが、1つ1つ分析していきましょう。一人で引きこもってインドアで遊ぶのが好き!という人は一匹狼なのかもしれませんね。悪いことではありません、個性ですから。

また、1対1で遊ぶのが好きという人も、信頼しているパートナーであることを再認識すると良いでしょう。
僕は大人数で遊ぶのが苦手なので、遊ぶ時は人数をちゃんと考慮した上で遊ぶようにしています。大人数でワイワイ、というのはメリットもあるかもしれませんが、僕にとっては本当に話したいことを本当に話したい人と出来ないというデメリットが非常に強いので、あまり好みません。

休日が楽しみ!というやつは、月曜日は死んでいる!勘弁してやれ!

休日が楽しみ!という人は、月曜日基本的に死んでいます。それも、自分から挨拶もできないぐらいにはローテンションです。
逆に火曜日になると回復して、金曜日なんてもうスキップしながら退社しているでしょう。

なので、上司の方はそのような部下がいたら、このことを踏まえた上でマネージメントするとあなたの気持ちも楽になり、お互い気持ちよく働けると思います。

仕事で仲良くなると、遊ぶ機会が生まれたりして、以外な一面がお互い上司も部下も見えたりして更に生産性、創造性が向上するかもしれません。

だからって合宿とか嫌です

じゃあ合宿をしよう!という一方的な提案は最低最悪です。僕は合宿が嫌いです。
なぜなら団体行動だから。先程も述べたとおり大人数でやるメリットがあまり感じられないのです。
研修なら仕方がないかもしれませんが、なぜ??遊びを業務にしてしまうのかがわかりません。

合宿は挙手制にして、行きたい人はいく!行けない人は、通常業務。そのほうが断然気が楽です。
選択肢を与えることにより、「遊びでもこの人はフレキシブルなんだな!」なんてイメージを持たれたら最高ですよね。

一択しか用意できないのは、「ご飯なに食べたい?」「なんでもいい」と回答する人と同レベルだと考えています。

だからこそ、休日を楽しむ!

だからこそ、休日にたっぷり遊ぶのです。もちろんインプットをする日を作って、バランスよくやるのもオススメです。
毎週遊んでいたら金銭的にも厳しいかもしれません。休日に5日分の缶詰状態から解放されましょう!

休日を楽しめないやつは、仕事も楽しめるわけがない!

休みの日は日程調整ではなく、行き先調整!

思いっきり楽しむために、行きたい所リストを作っていくことをおすすめします。
日程調整から入ると、長続きしなかったり(恋人、同性問わず)毎回ルーティーンになってしまいマンネリ化します。

是非行ってみたい!と思う場所をメモしておいてください。
そのリストが豊富な人は、なかなか愉快です。情報交換も楽しくなり、職場でも話しかけられたりするかもしれません。

さいごに

休日のために働く!それのどこが悪い!

一見過激であり、怠け者!と思うかもしれませんが、少しでもマインドが傾いていることを祈ります。
また、欧米ではこの思考が当たり前であり、フランスで育った僕からすると日本ももう少しこの考えというより、感覚を体で体感してもらいたいなと言う希望があります。

欧米の考えが全て正しいとは思いませんが、この考えは素敵だなと思ったので共有致しました。

次のあなたの休日が今までで最高のものになりますように。