A-SKが綴る国境を超えたSTORY

UXエンジニアが綴るWEB秘伝書 - 開発手法・使い方あれこれ

【Note】まだ電車で消耗してるの?

f:id:eisukenakanishi:20170301122802j:plain

はじめに

まだ電車で消耗してるの?

現代の日本では若者の車離れが進んでいますだとか、車は維持費が高い、などネガティヴな部分が多くフィーチャリングされております。
最近私は自分用に車を中古で購入したのですが、そのキッカケとなったことやその後どうなのかを検証しながら、執筆していきたいと思います。

てか、コアな部分にあるのは今の時代にまだ電車で消耗してるの?です。

”みんな”が言う車を持たない理由

大抵の人が言うことが、

  • 無くても生活出来る
  • 自転車乗るだけでも世界が変わる
  • 車の稼働率低くて無駄
  • タクシーでデートでいいじゃん!

とか言いますけど・・・そもそも最後のタクシーでデート、は腰抜けましたがそういう方もいらっしゃるんだなと、世界はまだまだ広いんだなと。
ただ、レンタカーだから、レンタカーのせいでプロポーズ延期という事象もあります。今後家族を持った時に、レンタカー!?みたいな。
維持費が高いからレンタカー!とかおっしゃりますけど、という話は後ほど致します。

車の稼働率はたったの4.2%

クルマの「売り切り型」ビジネスは終わる?クルマの稼働率たったの4.2%という現実という記事にも書いてありますが、車の稼働率って実は4.2%とかなのです。
毎日1時間トイレに篭ったら、稼働率4.2%、そして、こちらも面白いのが毎日2時間スマホ触り続けたら稼働率8.4%という、実は4.2%って結構稼働している方なのだということが伺えます。
じゃあ、稼働率100%のものってなに??と考えた時に・・・冷蔵庫ぐらいじゃないですか??というのが回答の一例だったりします。

え??じゃあ、あなたは冷蔵庫並みに稼働するものしか買わないの??という質問を投げかけたいですね。

維持費高い問題

実は、日本での維持費は欧州より安いのが事実です。ただ、アメリカよりは高いです。 日本のクルマの税金は高いと言われていますが、海外ではどうなの?という記事を見て分かる通り、意外とというより日本って維持費安いんです。
アメリカと比べたら〜云々問題は比較し続けたらキリがないのと同じです。そして、なによりアメリカは盗難も多いです。それ故に買い替えであったり、そもそもアメリカでは車がないと活動、行動が安全にできないなどという事象も実際アメリカに住んでいる友人から聞いたりしたこともあります。

日本で車を持つべき理由

まず、前提として日本の自動車登録台数は7700万台。
携帯電話の台数1億5千万台
スマホ1億台(2016年)、5700万台(2014年)という面白いデータもあります。

また、日本国内は海外と比べ自動車を維持しやすい環境でもあります。
前述したとおり、盗難であったり、強盗が少ないです。また、高速道路なども整備されているので、車の傷みも軽減されます。
これだけのメリット、環境が整っているのに・・・まだ電車で消耗するの?

労働人口の10%が自動車産業

  • 自動車メーカー
  • 部品メーカー
  • 販売
  • 整備工場

これらが日本の労働人口の10%を占めているのです。
また、部品の流通量などに関しても、日本はこれだけあるのです。
日本製の部品のクオリティの高さが伺えますね。

日本の交通事情

日本には譲り合いの精神というものが根強く存在しています。
事故は少なからず起きるものの、この譲り合いの精神が欠落した時に起きているパターンがほとんどだと最近走っていて感じます。

こちらの例をご覧になれば一発でわかると思いますが、ロシアやばい・・・というより、譲り合いの精神がないってこんなにカオスな状況を生み出すのですね。
ということが一目瞭然です。

また、日本車は安全で非常に性能が良く、故障なかなかしません。
少なくとも、ドアが外れたとか、ハンドルが取れた、路肩に故障車がたくさん止まっている、のような光景はなかなか見ませんよね。

道路事情

日本はどんなにカントリーサイドに行っても、道路が舗装されていて、凸凹な走れない道路など殆ど見かけません。
そもそも道路に穴がないというのは、欧米の人から見たら衝撃的、感激的ことだということを覚えておいてください。

もちろんそんなにしょっちゅう穴がそこらじゅうに空いているというわけではありません。
しかし、ドイツのアウトバーンなどを例に上げても、外灯の付いている高速道路、これがどれだけありがたいことかを実感できます。

高速道路の整備などもこのように体制がカッチリとしております。
安心感はドイツの無料のアウトバーンと比べても一目瞭然、とても安心して走れそうですよね。

駐車場事情

駐車場事情画像検索するとわかるのですが、これだけきれいに並んで、整備されている駐車場他国にありますでしょうか。
というぐらい、安心感があります。フランスではトイザらスの駐車場で殺傷事件があったりしました。あのトイザらスでそのようなことがあるのです。おちおち駐車場で車から乗降するときも気を抜けませんね。

ただ、日本国内の駐車場は土地の関係などもあり、比較的高いという印象です。ただ、それはやはり都心から離れればどこの国に行っても同じです。
しかしながら、安全性は非常に高いです。いたずらされたりなどということも比較的少ないかと思われます。

日本の駐車場って長居したくなりますよね。

世界有数の自動車大国

世界有数の自動車大国である日本、実は世界で見ても米国に次ぐ3位なのです。
ドイツは、

  • メルセデス・ベンツ
  • アウディ
  • フォルクスワーゲン
  • BMW

などが有名所ですね。ドイツの車に対するプライオリティは質実剛健だと感じます。
アメリカだと、

  • GM
  • フォード
  • クライスラー

などが有名です。 また、アメリカだとデカい方が偉いしかっこいい、加速が良いほうが偉いしかっこいい、という謎のプライオリティがついています。

そして、ここで我らが日本を見てみましょう。

  • トヨタ
  • 日産
  • ホンダ
  • マツダ
  • スバル

ハイコストパフォーマンス、壊れない、顧客要望の詰め合わせ
などがプライオリティとして出てきていると感じます。

外車にはない?日産GT-Rが世界に誇る3つの魅力などの記事を見てもひしひしと感じます。
ハイコストパフォーマンス、壊れない、顧客要望の詰め合わせの部分であったり、おもてなしの精神、ハードにこだわる精神。

良質格安な中古車の流通

日本だと、良質格安な中古車の流通がとても豊かです。実際僕自身も中古車を買いましたが、ほぼ新古車でそれがこの価格で買えるのか!というレベルで衝撃を受けました。
10年で10万キロの神話であったり、新車神話があったりしますよね。また、13年間同じ車に乗り続けると税率が上がり、逆に損します。

ただ、良質な車が格安で買える国であるのは間違いないと思います。

SUV、2010年式以降、5万キロ以下、修理歴なし

という条件で調べると、大量に出てきます。
それだけ豊富に中古車が流通しているということは、免許取りたての学生でも、社会人一年目でも買えないことはない!ということです。
壊れない日本車その1であったり、壊れない日本車その2を読んでもわかるように、本当になかなか壊れないですよね。相当荒いことしない限り壊れないです。

また、意外なことに輸入車も比較的日本国内だと格安だったりするのです。
参考リンクその1と、参考リンクその2を見てもわかるように、比較的安いのです。夢の外車も夢ではない。ただ、修理とかメンテナンスは少しかかりそうです。

やはり国産車を買ったほうがコストパフォーマンスは抜群ですね。

しかし、冒頭でも述べたとおり、日本国内で購入、所有する人口が少ないため、日本人が買わないから輸出しているというのが現状です。
ぜひ日本の素晴らしい技術でもある、自動車産業をこれからも守るため、そしてなにより車乗れたほうが便利ですよ。楽しいし、時間気にしなくていいですし。

さいごに

安全な日本車に乗って、安全運転をして、ぜひ素敵なドライビングライフを手に入れてください。
デートでも、家族とでも、友達とでも、ドライブ楽しんでください。

僕自身は車を買って行動範囲は広がりましたし、活動も活発になりました。
ぜひ皆さんも車にもっと興味を持つと良いと思います。

だからといって電車に乗るなとか電車はダサいと言っているのではありません。
僕は電車も大好きです。ゆらりゆらりとゆられるのも好きです。新幹線も鈍行も電車もです。

車にも車でメリットはたくさんあるので、ぜひ。

てか、そもそも車持たないでかっこつけてるのって・・・こう言われちゃうよ?

まだ電車で消耗してるの?って。