A-SKが綴る国境を超えたSTORY

UXエンジニアが綴るWEB秘伝書 - 開発手法・使い方あれこれ

【Note】模様替えをすることによって気分転換

f:id:eisukenakanishi:20161112204043j:plain

はじめに

どうも最近季節のせいか、気持ちがふわふわとしていて、集中して何かに取り組むことが下手くそになっている気がしています。
しかし、日々は無情にも過ぎていくもので、その中でどのように
工夫して生きていくかが重要になってきたりします。

どのように工夫するか、という点では様々な方法や手段が考えられますが、最近の僕のトレンドを今回はお伝えいたします。

好きなこと8割嫌なこと2割

好きなことを8割やって、嫌なことも2割やるという割合でやると、意外と物事進んだりします。
日々の中で好きなことだけやっても、意外と進まなかったり、スタックしたり。
けど、その中で嫌なことをやることによって、好きなことに対しての集中力が更に上がるということもあります。
オススメです。

具体的に、僕がやっていることは
・プログラミング(好き)
・Pythonの深掘り(好き)
・部屋の片付け(嫌い)

ぐらいでやっています。
部屋の片付けはいつになってもなかなか片付かず・・・。
かなり困っているものの、徐々に断捨離していきながら、クリーンにしていっています。

今回は好きなことを更に生産性高くやるために・・・

模様替えをしましょう!

意外と自分の部屋ってUXとか(言いたいだけ)、すごく重要視しながら、片付けとか家具の配置行うと、毎朝毎晩すごく気持ちよく過ごせるんだよね!ってことに気づきました。

よく言っているのが、自分とか自分の身の回りのモノ・人を幸せにできないのに、ユーザーとか言って一括りにしている”THEユーザー”を快適に、幸せにできるわけがない!と。まずは自分自身であったり、自分の身の回りのモノ・人を幸せにしないとね。

ということで、昨晩模様替えをしていました。
おかげさまで、今少し散らかってしまったのだけれども、レイアウトが快適で、仕事(勉強)がはかどります。

人間って単純で少しレイアウト変わったりとか、デザイン変わっただけでモチベーション上がるし、気持ちも落ち着いたりする。
些細な事かもしれないけど、そうやって人間って毎日のルーティーンから抜け出す必要あるんじゃないだろうか??

模様替えをするにあたって注意すること

思い出に浸らないこと。
ただ、これだけ。片付けのときもそうだけど、思い出の品とか出てきた時にそれに時間を費やすとエンドレス、一生終わらないよ。
なので、必ず思い出の品は思い出の品BOXなりを作っておいて、そこに放り込んで、片付けがある程度完了した時点で見返すようにするのがいいと思います。

僕自身懐かしい写真とか見つけると見たくなる気持ちすごくわかります。
だからこそ、こうやって工夫しないと一生終わらない。

いろいろとモノ売ります。

最近購入したものであったり、以前に購入したもの、色々と売り出します。
まず最初に、Ronin-MXを売り出します。

気になる方いらっしゃったらメールくださると助かります。
書籍も少し消化して、処理しないとな。

片付けはもうしばらく続きそうですが、さくっときれいに片付けたいと思います。

きれいきれい!