A-SKが綴る国境を超えたSTORY

UXエンジニアが綴るWEB秘伝書 - 開発手法・使い方あれこれ

【Note】プライベートiPhoneの通知をOFFにしてみた。

f:id:eisukenakanishi:20160821105758j:plain

はじめに

通知をオフにするって僕の仕事の関係上すごく影響出ると思うんですよ。
なので、仕事で使っている携帯の方ではなくて、プライベートで使っているiPhoneの通知をまるっきり消すという1日を過ごしてみました。
正直他でもたまに見かけるこの『通知OFFしてみた』系の記事でも実際に納得ができなかったので、自分を持って試してみることにしました。

納得できなかったコト

前提として、不便になると考えていましたが、その一方で通知から解放されると、逆に不安になるんじゃないだろうか??
という気持ちも出てきていました。けれども、その感情の意味での評価というか実際どうだったのかがあまり詳しく書かれてなかったのです。

今回通知OFFにしたことで、何が大きく変わったのかはどこにでもあるので、そこからメンタルへの影響的な立ち位置で執筆していきます。

通知をOFFにする時

なんとも言えぬワクワク感が来るかな!とか思ってましたが、意外と普通でした。
一般設定から通知をOFFにして・・・以上。

そして、この通知OFF作戦を実は副業で忙しい週末にやってみました。結果クライアント様には迷惑はかかりませんでしたけどね。

まず最初の落とし穴

通知って連絡系だけ来てるようなイメージがあります、ありました。
実際はそうでもなくて、ニュースアプリとか、実際日常ではそんなに使わないアプリからの通知だったり・・・。
気づけば、通知センターにたんまり溜まっている。なんてことはよくありました。

通知はメッセージ、連絡系のみではないということを改めて知ったのが最初の気付き。

精神衛生上は?

正直最初めちゃくちゃ不安です。むしろ、iPhoneを確認する回数が増えた気がします。
ヒヤヒヤするというか、大丈夫かな??と。 そして、アプリを配置している全体のページを確認するという手間が増えました。
あれ?非効率的?

仕方なく、メッセージ系のアプリ、通知が多い肝心なアプリをメインのページに配置。
そうすることによって、確認する手間が減りました。

精神衛生上、仕事で連絡業務が多い人ほどストレスを感じるかな、と感じました。
通知の有り難みを感じたりした瞬間というのはありました。

通知OFFから4時間経過

作業ははかどります。余計な邪魔が入らないので、さくさくと業務は進みます。
そして、気づいたことがあります。1時間ちょっとで僕は作業中お手洗いに立つということに気づきました。
なので、ループで1時間半毎にスマホチェックのアラートを出すようにしました。

そうすることによって、1時間半毎に通知が来るようなものに似た感じになります。
ただ、これは、自らの意志での通知です。しかも、Mac側で出すので、作業中ぱっと見られます。いちいちスマホに手を伸ばさなくて済む。

通知OFFから8時間経過

慣れました。精神衛生上、作業が詰まっているときはこの方法は効率的だし、落ち着くなと感じました。
作業が捗るし、時間に関するストイックさが増しますね。

ただ、たまに肝心なメッセージを逃したりはしていました。
けど、そういういわゆる”肝心なメッセージ”というのは、たいていプライベートのスマホだと、許容範囲のものなのかな?と。

通知をOFFにして睡眠

誰にも邪魔されませんよ。アラームだけセットすればそいつが鳴るまで、邪魔するものは何もありません。
いい感じに眠れるし、いい感じに起き上がれます。

結果

大事な人の通知はせめてONにした方がいいなと個人的に感じました。
それ以外のはすべてOFFでいいんじゃないだろうか?という結果になりました。

精神衛生上とかメンタルへの影響

最初はすごく落ち着かないです。ただ、4時間で快感を覚えてくるので、そこまで我慢できるのであればやってみる価値はあるかなと。
ちなみに、昼間に始めたほうがいいですよ。夜だといろいろと考えることもあると思うので、オススメしません。
昼スタートがおすすめです。

他に気づいたことは、大切さ人の連絡を取りそこねた、返信しそこねた時のメンタルへのダメージは大きいかもしれません。
大切な予定がある日の前後はやめておいたほうがいいと思います。

また、メンタルへの影響という視点から最後に一筆するならば、個人によってこれは変わるなという感じも受けました。
なので、他の記事に書いてないのかな?という考え、思いも出てきました。

個人のメンタル状況って違うし、性格も違うのでね。ただ、一度やってみることはオススメしますよ。
長期的にやるのは考えたほうがいいと思いますけどね。

さいごに

通知OFFにしたよ、って言われるのはなかなか酷なものだったりします。
相手ありきの通知なので、その相手のことを考えてから、トライするのがいいと思います。

通知OFF生活は、作業するときだけOFFにするのも面倒なので、布団の中に丸め込んでマナーモードにしておくことが最適だということに気づいたので、本日を持ちまして終了です。