A-SKが綴る国境を超えたSTORY

UXエンジニアが綴るWEB秘伝書 - 開発手法・使い方あれこれ

【人生】僕は間違っていた

f:id:eisukenakanishi:20160701235137j:plain

人生、なんだかんだ自分が決断

ここ最近職場で上司の方々、先輩とお話させていただく機会を頂いて、話していく中で気づく自分の愚かさ、弱さが本当にでかすぎて、悔しい思いをしながらも、すごくいい刺激になっています。
そんな中で気づいたことがあるので、ここに記そうと思いました。

世界ってそんなに簡単にできていないんだよな〜と思っていました。
最近仕事を社会人になってしていく中で、大きなことから小さなことまで、たくさんのことに気づき、発見があって、毎日学びであり、戦争です。

自分を変えたい

根本的に僕は一匹狼的なところが大きくて、なのに孤独に耐えられないという意味のわからない人間であると最近特に強く思い、感じています。
けど、ほんとうに自分はその今の自分に満足して、その状態を維持したいと考えているのか??と思い返してみた時に、絶対違うな、ということを再認識しました。
僕は本当はいろんな人と話して、コミュニケーションして、たくさん笑うことが好きなのに、いつも逃げてきていました。

そんな自分とはおさらばだ!といって、おさらば出来れば楽なんですけどね。そういうわけにも行かず。
だから、苦しむし、そういう自分に対して苛立ちも覚えるし、大切な人も家族までも悲しませてしまったり、傷つけてしまったりしている。
けど、そのことに気づけたことは本当に良かったと思っています。

このまま突っ走ってたら、本当の孤独になるなと。
音楽やっていた時、その時バンドメンバーと仲良くやり過ぎて、逆にフラウとレーションがたまってたのかもしれない。むしろメンバーにすごい負担を付加をかけていたのかもしれない。
と今思うと、当時からなんも変わってないな自分、ってなってました。

将来なりたい自分ってなんだ??

将来こうなりたい!って漠然とした夢も大事。
けど、それだけでなくて1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後って区切っていって、1年後、3年後、5年後、10年後、自分はどうなっていたいのか!?
って考えて、実行していくことが大事だなと感じました。

だから、自分を変えていくためにもまずはと思って、今週1週間とあるミッションを自分に課しました。それは職場でのことではなくて、職場でフォーカスするためでもあり、自分のやりたいこと、なりたい自分になるために職場で出来ないことを補うためのものでした。
残念ながら達成はできませんでした。

だけど、思うんだよね。言い訳がましく聞こえるかもしれないけど、期日を守るってのは大事だと思う。そして、その期日にコンプリートしたらすごいと思うし、僕はそれを目指してやっていた。
結果として、その目標はコンプリートできなかったけど、それをやり続けることのほうが大事なのではないだろうか??ってことをすごく思うし感じる。

学びはやめない、満足しない

ある意味1週間で終わらなかったけど、飽きなかった自分がいることに驚いている。飽き性だし・・・ってところはあります。僕は好奇心旺盛と欲言えば表現できるけど、だからこそ飽き性に自分が感じてしまう時もあれば、それが理由で広く浅くってなってしまっている時もありました。
T字のスキルセットという言葉を聞かされた時は、本当に悔しかった。僕にはまだそれがない、って。

そして、素直にそんなもんいらない!って思ってしまった自分もいる。
世界に正解なんてないし、正しいこともない。けれども、自分の信念だけは信じて貫くべきだと思っている。
自分が正しい!と思うことは絶対やり抜けるし、信じているからこそ乗り越えられる。

僕はウェブの世界にずっといるつもりはなくて、ウェブと何かを必ず連携させた何か、はたまた自分が今までいたフィールドの経験が活かせる仕事の形を追い求めています。
それは今の職場で出来ることなのか?それとも出なくちゃ出来ないことなのか?それはまだわかりません。

けど、今の自分は未熟だしまだまだガキンチョです。けど、それってある意味ガキンチョマインドってのはすごいと思いますよ、我ながら。
中二病ってすごい夢あるよな〜って思うこともあります。みんな結構ばかにしてるけど、あんな妄想できるのUX考える時とかすごいパワー発揮すると思うな〜なんて思います。

妄想の矛先を変えればね。

大切なことは

なりたい自分をずっと信じて、それに向かってひたすらひたむきに突き進むことかなって思います。
そのために、何が必要かは人それぞれだと思うし、場所の問題かもしれないし、仕事かもしれないし、はたまた言語かもしれない。

どれをとっても、自分が信じていることを信じ続けるってのは大事だと思う。
周りにはいろんなことを言ってくれる人も言ってくる人もいます。過半数の人が同じことを言ったら、耳を傾ければいいかもしれない。
けど、たった1人に言われたことを引きずるな!と最近僕は自分自身に言い聞かせています。

僕はすごくネガティヴなので、いろいろとリスクであったり、悪い方向に物事を考えてしまうことが多いです。
けど、そんな僕をいつも励ましてくれる言葉があります。

世界を変えるのはネガティヴな奴らだってね。
ポジティブな人間は世界のマイナスな部分であったり、感性が低いと言われています。そして、僕はこれに対して肯定的です。
これに対して牙をむくんだったら、一度自分がネガティヴか考えてみるといいと思う。

アーティストは感性が高いです。僕は自分がどうとかは思うわないけど、人より多少は感度が高いです。
僕は平凡な人間かもしれない。けれども、努力は出来る。そして、努力に勝る天才はいない。

努力は最強だと思います。

さいごに

ここ3ヶ月ほど一人暮らしをしていました。ただ、自分の叶えたい夢を実現させるために、一人暮らしをすることはデメリットしかないことが分析の結果判明しました。
仕事から帰ってきて、毎日考えて、毎日頭抱えて、毎日パフォーマンスを出せなくて。

なので、僕は一人暮らしをやめます。
自分の夢を叶えるために、不自由でも、嫌でも、空間がなくなっても、職場から離れても、それでもなりたい自分になるために、やりたいことを実現させるために、なにが最重要事項かを考えた結果です。

外界ともっと繋がろう。
世界は広い。けど、自分の歩き方次第で、近道して、近道覚えて、世界はどんどん近くなる。
僕は間違っていた。今のままじゃなりたい自分になれないってことに気づいた。