A-SKが綴る国境を超えたSTORY

UXエンジニアが綴るWEB秘伝書 - 開発手法・使い方あれこれ

【思考】BloggerとYouTuberの未来

f:id:eisukenakanishi:20160512091303j:plain

本が大好きだ

僕は本が大好きです。どれだけ好きかというと、毎月5万円ほど本に費やしています。
最近ではオンラインで閲覧するモノ(アーティクルとか読み物)も増えてきたので、若干コストは減りましたが。
それでも毎月必ず3冊は買って読んでいます。なにがそんなにほんの世界へ僕を誘うのか。シンプルです。

本は知識の宝庫だから。

本こそ知識の宝庫

文字のデータは終わっているだとか、これからは映像の時代だ!と言われますが、本という文字というコンテンツはなくなりません。
将来なくなるのかもしれないけど、当分なくならないと考えています。
むしろなくなったら、ブロガーという存在もいなくなるでしょう。今の時代YouTuberだ!と言われる方も多いですし、なりたい職業ランキングで3位に入るぐらいにまで人気もあります。
ただ、ブロガーでそういう時代ってありましたっけ??なかったような気がします。

YouTuberとはなぜここまで人気が出て、あこがれの職業なのか。
それは簡単に始められて、うまく行けば人気者になれるから??

僕は違うと考えています。

文字と映像の決定的な違い

それは想像力です。文字からは風景や頭のなかに思い浮かぶキャラクターなどが全く人によって違います。
けれども、映像はみんな同じものを見るので、想像力が落ちます。

僕は想像といえば綺麗、けれども妄想といえば危ない。と言われることがありますが、どちらも好きです。
空想の世界で何かを構築するのは非常に興味深いです。それこそが頭の中の回転力を上げて、物事の考え方を構築してくれるのではないだろうかと思います。

つまり、何がいいたかというと。

YouTuberは1つのアイコンになれるのです。いわゆるマスコットキャラクター的なものです。
そのアイコンに憧れるのは人間の心理としてあります。そこにみんな惹かれるのかもしれない、と僕は考えています。

時代は変わってきたものです。そんなにこだわらなければ、これだけ簡単に映像自体も作れて、簡単に配信ができて世界に広められるのです。
そんな時代が来た今、映像は映像で強いです。視覚から入ってくるものの強みは言葉が多少わからなくても何をやっているわかるからです。
けれども、文字はその言葉自体を理解できないと解読がまず不能です。そこが弱みではあるかなと考えています。

逆にマーケットはあると思いますけどね。

両者の未来

未来にどんなものが待ち受けているかはわかりません。
ライヴストリーミングで生放送を全世界に配信なんてもうやってるし、それがもっと安定して配信できるようにもなると思います。
ブロガーもブロガーで次の未来を考えないと、今までどおり記事を書いていたらOK!!なんてことはもうありません。

文字が書けるというのは非常に強いと思います。
なぜなら、文字がベースになって言葉も構築できる部分が強くあるからです。

そして、文字=プログラミングという考えも僕は持っています。
これからのブロガーはコードも書けないとダメ!となると考えています。文字が書けるんだから、いけます。

最後に

ブロガーとYouTuberは両者とも素敵な仕事であると考えています。
それが故にコンフリクトする部分もあります。けれども、両方を知ってこそのブロガーであったり、YouTuberであるとも考えられます。
僕は今YouTuberを始めたりもしています。まだ1人だけですけど、チャンネル登録は。

映像を撮ること自体が非常に好きなので、どんどんネタをためていきたいですね。
今日は0秒思考という本を買いました。

ゼロ秒思考  頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング


帰ったら届いているらしいので、読みながら思考力を鍛えたいと思います。