A-SKが綴る国境を超えたSTORY

UXエンジニアが綴るWEB秘伝書 - 開発手法・使い方あれこれ

【2015年版】僕が今年ハマっているデバイス特集パート1

f:id:eisukenakanishi:20151218110650p:plain

最近出てきたデバイスといえば・・・

ウェアラブルですよね、ずばり。最近のトレンドってやつ。
けど、僕はあえてそこを突っ込まないで行こうと思っています。
というのも、そういう記事鬼のようにたくさん出ているから、世の中に出てきすぎ!!

それと対抗したって面白いものは書けません。
僕なりに今まで買ってきたデバイスとかガジェットを紹介していきながら、どのように活用しているかを紹介します。

01.マウス

え?ここに来てマウスですかお兄さん?
って思うかもしれませんが、マウスって大事よー!!
マウスが違うだけで、作業効率も、気持ちも、指の疲れもまったくもって変わってきます。
なめたらあかん。

まず!!
最近おすすめしたいのが、ゲーミングマウスってやつ。
というのも、ショートカットが割り当てられたり、ゲームするってことは操作性抜群ってことだよね。
操作性抜群な上に疲労感も軽減してくれるんだったら最高!!そんなゲーミングマウスを数個紹介。

RAZER レーザー RZ01-00750100-R3M1

癖の強いのを一番最初に持ってきました。
通称”インセクト”ってレベルで虫みたいな形と色しているマウスです。
ゲーミングマウスってやつだけど、作業用意はなかなか優れていると好評です。
友人でも使っている人間はいますが、使い勝手は良いが、虫を掴んでいるようで・・・。
だけど、慣れれば平気だよ!と清々しい顔をしていってましたので、本当でしょう。

ロジクール G502 ゲーミングマウス

こちらは結構ヨドバシカメラとかでも見かけますよね。
使い勝手は良い、そして安定のマウスとなっています。
有線ですし、繋がりも悪くはないでしょう、更に虫さは全く出ていないどころか、中二病を発症するかの如くの男のロマンマウスみたいになっています。
僕はそう感じます。いいよねー、こういうの。こういうデザイン大好き。
価格も7,000円でお釣りがくる(2015年12月18日現在)ので、なかなかリーズナブルですし、初めてのゲーミングマウスにしては取りかかりやすいのでは??

上記がマウスで特に気になっているものだ。
僕はロジクールのG502を購入検討している。

02.キーボード

キーボードは僕はかなりこだわっているぞ!!
とか言いながら今この記事を執筆しているのは、Appleの新しいキーボードだ。
いつもメインで使っている、キーボードからまずは紹介したい。
Appleのキーボードもそれはそれでいいのだが・・・まずは!みたいなね。

CODEキーボード

CODE Keyboard Official Website
いま久しぶりに覗いてみたら、レパートリーが増えていて、嫉妬心が出てきているところだ。
それはさておき、このキーボードはプログラミングをするのに最適化されている。
それが謳い文句であり、僕が飛びついたキッカケとなっている。
実際アメリカから輸送されるので、時間はかかるが手配して、待つ価値は充分にある。
バックライトから、打ち心地すべてにおいて今までのキーボードの中でトップクラスを行く。
コーディングだけでなく、ブログの更新にも最適だと思う。(僕は今Appleキーボードで打ってますが)
掃除道具も一式ついてくるので、キーボードを外しての掃除もらくらくだ!万が一なくしても、そこら辺で売っているものだから・・・。
特に特典感はない、むしろまったくない。
もし英語が苦手なら、得意な人に頼んででも手に入れてもらいたい。

Magic Keyboard - US

僕はApple製品が大好きだ。そして、使い慣れている。
友人から先日プレゼントを貰い、それがキッカケでキーボードを買うことにした。
結論から言うと、買わなくても良かったと思っている。なぜなら、CODEがあるからだ。
けれども、使っているとなんとも言えない居心地の良さに気づく。そして、うちやすさにも慣れるとうちやすい。
そんな不思議な感覚と、ミラクルを提供してくれるAppleは魅力的だ。

1週間ほど使ってみて、テンキーがないのはやはりきつい部分がある。
だが、打ち心地は好き嫌こそ分かれるが、僕は好きだ。バチバチ打っているようで、あまり置くまで入り込まないので、疲れにくい。
力がそんなに必要ではない。

なので、力まない人、女性のかたなどに一般的な言葉を使うとおすすめだ。
価格もそんなに高くない、充電はライトニングケーブル式でワイヤレス(Bluetooth)なので、配線もごちゃごちゃしない。
そして、なによりもバッテリーの持ちが最高に良い。
エントリーとして、使うのであれば・・・Macを持っているのが大前提になるが。おすすめ。

03.タブレット

タブレットはかなり使う人使わない人が多いと思う。
僕は今まで使わなかった。なぜなら・・・キーボードラバーなので、キーボードがない時点で、打っている感覚がなく。
まったくもって作業がはかどらなかった。
だが、最近iPad用の素晴らしいキーボードと出会い使用頻度が変わった。
以下参照。 iPadの世界観が変わる無線キーボードカバーの神秘
タブレットも使い方によって、全く違うものに化けるというのが魅力的だと思う。

iPad Air2

もう少しでiPad Air3が出るそうだ。噂ではあるが、3D Touchは搭載されないとか。
けれども、買う価値はありそうだ、スペックが鬼のように上がっているそうなので、要チェック。
もしくは、新しいのが出た際に1つ前の型を買うのも大有だ。

僕はiPad Air2の前はiPad第3世代を使っていた。
この変化には驚いたし、衝撃を受けた。本当に素晴らしい。そして、iPadがあることにより、生活感も変わってきた。
僕はデバイスとかガジェットが読んでの如し好きだ。だが、タブレットだけはなぜか好きになれなかった。
ただ、iPadには未来性が見えていた。iPhoneも3GSから使い始めたから、未来はちょっとは考えられていたのかもしれない。
iPadの今後について、どうしようか考えたりもしています。
今は買いどきじゃないかもしれませんが、iPadは一台家にあるだけで様々なことが変わりますよ。

iPad Pro

僕は買いませんでしたが、1つの可能性と大きな魅力を感じています。
スピーカーが4つ付いている、そしてRAM(メモリ)が大きい、専用キーボードが付いている。
などなど、様々な周辺機器とともに(Apple Pencil含む)発売されましたね。
これは1つの強みでもあり、弱みでもあると僕は考えています。Appleに固執しすぎている部分があるなーと。
それを逆手に取ればAppleの魅力です。どちらを選ぶかはあなた次第。

iPad Proは資金に余裕ができたら、次世代で買ってみたいな!固定で。って思っています。

Surface Pro4

僕はWindowsから長らく離れています。
けれども、Windowsの魅力は感じる時もあります。ゲームが出来るとか、プログラムが動かしやすいだとか。
プログラムが動かしやすいに関してはどっこいどっこいですけど、書籍関連でWindowsベースが多かったりするのがたまにMacユーザーとして辛かったり。
ぐらいです。
けど、Surface Pro4には魅力を感じています。
WindowsタブレットPCを探しているのであれば、是非購入をおすすめします。

次回へ続く

次回はもうちょっと小型デバイスにいきたいと思います。
ウェアラブルもちょっと絡めていこうかな。僕らしい記事をかけるようにします。
さて、今日も寒い。Apple Watchで体動かしてカロリー消費だ!!