A-SKが綴る国境を超えたSTORY

UXエンジニアが綴るWEB秘伝書 - 開発手法・使い方あれこれ

映像クリエイターとの出会いからの考え

f:id:eisukenakanishi:20151213195636j:plain

今日はミートアップ第一弾

今日は突如決まったミートアップをしています。
世の中には面白い人がたくさんいますが、彼もそのうちの1人です。そんな中今日はビジネスのお話をしています。
なんのお話かといえば、そりゃあもうキリがありません。どこまで話し続けるのかもわからにほど、どんどんと進みますよ。

12Knoxの未来

今日の話は本当に僕が今やっているブランドに関わってくることだと思われます。
12Knoxが今後どのような形を取っていくかと、徐々にわかってきて、知るようになってきて、考えられようになってきて。
おかげで、フィードバックであったり、興味を持っていただけた結果、次の案件へ繋がるきっかけが出来てきています。
今僕は迷っている部分もあれば、突き進んでいる部分もあります。そのおかげで、逆に悩まずに1つのことに没頭できるというメリットも有ります。
何が正解で、何が不正解かなんて誰にもわからないし、誰にも決められるものではありません。
だからこそ、様々な人に意見は聞くし、求めるけれども、最終的に決めるのは自分だと考えています。

未来から見えてくる過去、そしてその過去が作る未来

未来を見ると、明日はこうなるだろうなー、というイメージを編み出します。
けれども、その明日をどうするかは今日であったり、昨日をベースに作り上げているということです。
だったら、過去をまずは見て、遡りすぎてはいけないけれども。ある程度遡ったら、今を見て、未来をつくり上げる。

その繰り返しだと思っています。過去を見てやっているから、過去は繰り返す〜なんても言われるんだよね。
本当にそのとおりだと思うし、だからこそその言葉の意味を汲み取れば、実際どういう意味なのかがわかってくるよね。
うむうむ、なかなか難しいけど、シンプルだったりする。

今日の経験を活かして今後

今日の話し合い(今もまだ続いてる)をベースに、僕は今後のビジョンをもっと明確にしないといけないなと感じ始めている。
実際にどのようにして、それを現実に具現化するかというのがほんとうに大事だし、必要なことだと感じています。
何が僕に必要で、そのためには何をする必要があるのかを探り、考え、実行する必要性がある。
何が根拠のそんな馬鹿な事言ってるんだ!と言ってるあなたが馬鹿なんですよ。ってことに気づいたほうがいい。
僕は今非常にハングリーでいられている。だからこそ、様々なものを吸収して、洗い出していきたいと考えているし、実際それが日課になっている。
日課にしている、だからこそ日々それについて考えてそれを実行できるのではないだろうか?と思うし、そう信じている。

僕はこうはなりたくはない

カフェでの時間を振り返ってみると、周りでは馬券を見ながら、宝くじを見ながら「くそう」と言っている人がいる。
これはこれでいいと思う、だからこそ宝くじというものが成り立っている、そして経済が回っている。
けれども、果たして僕はこのような人生を歩みたいのだろうか?答えはNOだ。
だからこそ、今何をするべきなのかを本気で考える必要があるし、考えなくてはいけない。
自分がなりたくない自分が、一番最初になれる自分だ。

みんなが共感するものなんて作る必要ない。
誰か一部に気に入られるから意味があるのであって、砂糖!あまーい!いいね!なんてもんはいらない。
なにがみんなの心の響くかと考える前でに、世界を変えるには突拍子もない、世間から嫌われているなにかをどうにかするしかない。
と思った。

今日の話し合いは有意義であるし、興味深い。
今後の働き方は変わっていくのだからこそ、今後どうやって生きていくを真剣に考えないといけない。
人工知能もそうだ。すべてそうだ。
自分はいつだって落ちぶれられる。前を向いて歩けばいいだけではない。敵は周りにたくさんいるぞ。

明日は

明日はまた新たな日が昇ります。同じように見えても違う太陽が。
その太陽の元で、僕は仕事をしながら、新たなモデルを考え、ゆったりと行きたいね。
明日はTAだ。先生のアシスタントをしながら、様々な分析をしたいと思います。
まだまだミートアップ募集中です。ご連絡はいつでもお待ちしております。
僕はなにかに革命を起こす。